読経「般若心経」

ZENzine
2021/4/8

動画に合わせて一緒に唱えてみましょう

木魚と鐘の音が入った、般若心経の読経です。お経がテロップで流れます。
初めての方でも大丈夫。動画を流しながら、一緒に唱えてみましょう。
(こちらは臨済宗の唱え方です。同じ「般若心経」でも、宗派ごとに唱え方が異なります)
 

般若心経

仏教の経典は数多くありますが、全600巻にも及ぶ「大般若経」の要点をたったの262文字にまとめた「般若心経(摩訶般若波羅蜜多心経)」は、日本人に最も馴染みの深いお経です。「お経なんて唱えたことない」という方も、まずは般若心経から始めてみてはいかがでしょうか。(般若心経の意味については、今後ZENzineで解説する予定です)

お経の唱え方

臨済宗では坐禅と同じように、深く丹田で呼吸して「腹の底」から発声します。一心にお経を読めば、心も身体も落ち着きます。朝起きてすぐや、夜に眠る前に唱えるのも良いかもしれません。
 

・正座または椅子に坐り、腰を立てて背筋を伸ばします。

・唱える前に、まずはゆっくり深呼吸しましょう。

・お経本を手に持って読みながら、正しく丁寧に唱えます。般若心経はこちらからダウンロードできます。

・動画に合わせ、声に出して唱えてみましょう。大声を出す必要はありませんが、おなかの底から声を出します。

・慣れてきたら動画を再生せず、ひとりで唱えてみましょう。

 
般若心経の意味については、今後このコンテンツで解説する予定です。一心に経文を唱えることは、呼吸に集中する坐禅と同様に大切な修行です。まずは腰骨を立てて姿勢を調え、丹田呼吸で息を調えて、読経に集中してみましょう。お経の意味を学ぶのは、その後でも遅くはありません。

豆知識:お経の種類

現在私たちがお唱えするお経には、さまざまな種類があります。
 

  • 古代インドの梵語(サンスクリット語)で書かれたものを、漢文に翻訳したもの
  • 梵語を漢文に翻訳せず、梵語の発音を漢字に当てはめたもの(音写)
  • 中国で書かれたもの
  • 漢訳されたお経を和文に翻訳したもの
  • 日本で書かれたもの(漢文、和文、和讃など)
page up